日本カストディ銀行 採用ホームページ

Business

資産管理(カストディ)
について

資産管理専門銀行は
どのような仕事を行っているのか。
資産管理(カストディ)業務について、
ご説明します。

01

みなさんの大切な資産を、機関投資家を通じてお預かりしています。

img

私たちの直接のお客さまは年金基金や、銀行、生命保険といった機関投資家です。
機関投資家とは、国民のみなさんから年金掛金や預金、保険料といった形で多くの資産を集めている法人のこと。集めた資産を増やすために、国内外の金融市場にて「株」「債券」「デリバティブ」等さまざまな金融資産で運用しています。
その金融資産の管理(資産管理業務)を担っているのが「資産管理専門銀行」です。
私たちは、みなさんの大切な資産を、機関投資家を通じてお預かりしています。

02

資産運用のプロを支えるため、
資産管理のプロ「資産管理専門銀行」が生まれました。

img

資産を運用するためには、関連する法律・税制・取引ルールを理解し、国内外の金融機関と連携し、正しく資産を管理する「資産管理業務」が必要です。
金融商品の多様化・金融市場のグローバル化が進み、「資産管理業務」は複雑化しています。
資産運用を行う会社(資産運用のプロ)が投資判断に集中できるよう、「資産管理業務」を専門に担う銀行(資産管理のプロ)が必要となり、資産管理専門銀行が誕生しました。
私たちは、資産管理業務に関わる専門的な知識とシステムを有しており、多くの機関投資家から資産をお預かりしています。

03

資産の受け入れから、運用状況の報告まで、
一連の資産管理業務を安全に遂行することが私たちの仕事です。

img

資産管理業務では以下のフローを通じて、お客さまの資産を安全に、正確に管理しています。
ただ管理するだけではなく、お客さまのニーズに合わせ、新たな金融商品への運用を可能とするための新しい「資産管理業務」をつくることも、大切な仕事です。

【資産管理業務のフロー】
①受託管理(資金受入)
お客さまの口座を開設し、資金の受入、取引開始の準備を行う
②約定管理
有価証券の売買取引を確認し、記録する
③決済
お客さまの代わりに、有価証券や売買代金の受渡しを行う
④残高管理
取引結果を踏まえ、残高を管理する
⑤権利処理・コーポレートアクション
利金、配当金の受取り、これに伴う税金の支払い手続きを行う
また、管理する有価証券に会社合併や株式分割などある場合、情報を収集・提供し、お客さまに代わって権利を行使する
⑥レポーティング
お預かりした資産に関する各種レポート(証券、資金の異動、保有状況、運用状況など)を作成し、提供する

04

幅広い資産管理業務を実現する、確かな組織体制があります。

受託業務部門

  • 年金資産等
    ファンド管理

    売買などで得られた損益や残高の管理、月次報告書等の作成などお客さまからお預かりした資産の管理全般を行っています。

  • 投資信託
    ファンド管理

    投資信託委託会社からの指図に基づく有価証券の約定・決済をはじめ、投資信託の基準価格の算出や信託財産の保管・管理等を行っています。

  • 外国証券管理

    外国証券に関する約定、決済、残高管理、時価や為替レートの入力などを行っています。

  • 国内証券管理

    国内証券の保管や売買に係る決済、あるいは元利金・配当金の受領を行っています。

  • 生命保険会社向け
    有価証券管理

    生命保険会社が保有する有価証券について、有価証券計理事務を含めた管理・事務機能を包括的に行っています。

  • その他業務

    運用会社のミドル・バックオフィスの事務受任、デリバティブ取引の担保管理等、さまざまな事務を行っています。

システム部門

  • システム企画・開発・運用

    複雑化する資産管理業務に対応するために社内システム部門にて、システム企画、開発、運用を行っています。

業務推進部門・資金証券部門

機関投資家に対するサービスの推進、セキュリティーズレンディング、資金繰り業務等を行っています。

管理部門

経営企画、人事、総務、コンプライアンス、リスク管理等、経営機能を担っています。