日本カストディ銀行 採用ホームページ

プロジェクトマネージャーとして、
システム開発を牽引。

People

社員紹介

10

IT職

プロジェクトマネージャー 開発第二部

渡邊 賢吾

Kengo Watanabe

img

Works

プロジェクト
マネージャーの役割

開発第二部では、株や債券の貸借取引やデリバティブ商品の売買取引等を管理するシステムの開発・保守を行っています。私はプロジェクトマネージャーとして、部内で担当する開発案件のリーダー役を担っています。プロジェクトマネージャーの役割はユーザーの要望から理想的なシステム像を描き、その実現を目指してチームメンバーを束ね、システム開発を完遂することです。ユーザーとなる社内の各部門にとっては、システム開発の相談相手であり、開発チームの中では管理者として全工程に責任をもつ立場です。投資金額が数億円以上の大型案件では関連するシステム・業務の範囲はかなり広くなり、高い業務知識を求められることは勿論、多くの関係者との調整を行う必要があります。私たちが手がけるシステム開発は、お客さまの新しい運用ニーズや金融市場の規制対応に基づくものですから、スケジュールの遅延は許されません。スケジュールどおりに開発完了できるよう、リーダーとして自ら積極的に関係者とのコミュニケーションを図り、業務を進めています。
役割も変わり、最近は部全体のマネジメントも大事になってきました。システム開発の完遂というゴールに向けて、各人の意見を尊重しながらも、自発的に一丸となって取り組む体制をつくりたいと考えています。一人ひとりと丁寧に向き合い、メンバーが「自ら動くスイッチ」を探すことは私の大事な仕事です。

Mission

当社システム部門
だからこそのやりがい

当社システム部門の良いところは、ユーザーとの距離の近さです。同じ社内にユーザーがいるため、要望を丁寧に聞き、そして迅速に対応することができます。作り上げたシステムのその後の使用状況や問題点を聞き出し、レベルアップしていくことも柔軟に対応できます。それが、高品質の資産管理サービスにつながっています。
ユーザーとは日頃のやりとりを密にして、お互いに助け合う関係を構築することが大切です。私はプロジェクトを多く経験してきた中で、ユーザーとの深い関係を構築してきたという自負があります。今後はチームのメンバーにも、関係構築のノウハウを伝え、連携を強化してもらいたいと思っています。

期待に応え続け、
求められる人材になる

入社直後は、取引や残高などの運用管理の情報を管理し、レポートとしてお客さまに提供するシステムの保守を担当し、システム開発の基本を習得しました。その後、決済制度変更に伴うシステム構築、銀行の統合案件などのシステム企画業務を経験してきました。これまで難易度の高い案件もありましたが、自分の最善を尽くしユーザーの期待に応えてきました。経験年数に応じて担当するプロジェクト規模は大きくなっていきます。ユーザーからの期待も大きくなりますが、その期待に応え続けたいという思いで日々業務に取り組んでいます。

職場の雰囲気づくりと人材育成

人には得意不得意、長所と短所があります。私は、そこも含めてメンバーがお互いに認め合う関係を構築することが何よりも大切だと考えチームづくりを進めています。当社には若手の意見をしっかりと受け止める風通しの良い環境があると自信をもって言えます。
その風土を自分がしっかりと継承し、今後もお客さまやユーザーに喜ばれる資産管理システムの構築ができる人材を育てていきたいです。

People INDEX