日本カストディ銀行 採用ホームページ

お客さまと信頼関係を構築し、
最適なソリューションを提供する。

People

社員紹介

04

総合職

顧客窓口/企画 業務推進部

奥西 佳太

Keita Okunishi

img

Works

巻き込む力と
スピード感が大切

業務推進部は、お客さまへ提供するサービスの施策推進を担っている部署です。当社のお客さまは機関投資家(公的金融法人や生命保険会社等)といわれる、マーケットを代表する金融のプロです。そのため、オーダーも高度な金融知識が求められるものばかりですが、ニーズを的確に把握して、最適なソリューションを提供するべく日々お客さまと向き合っています。ご要望を伺った後は、資産管理業務の担当部署、システム部門、あるいは社外関係者と協力し、お客さまが真に望むスキームを考察します。ビジネスジャッジを司る部署でもあるので、新規サービスをご提案する際、取引の条件や採算性を確認することも大切な仕事です。
リーマンショック後、再び金融危機を起こさないため、金融市場の規制が強化されました。デリバティブ取引を行うためには担保となる「証拠金」を預けることが必要となり、金融機関各社は事務体制の構築・システムの手当てを迫られています。現在、本規制対応についてお客さまから相談いただき、当社の事務受任サービス導入に向けてスキームづくりを進めているところです。社内関係者を巻き込み、そしてお客さまの意思決定に関わるこの仕事では、ビジネスのダイナミズムを感じることができます。お客さまとの信頼関係を構築することがミッションですので、何か問題があったときに最前線に立つのも私たち。常に社会情勢、お客さまの投資方針等の動向に気を配り、スピード感をもって仕事をするよう心がけています。

Career

資産管理業務の現場から、
お客さまと接する最前線へ

入社後、資産管理第二部に配属となり、年金ファンドの運用状況をお客さまへ報告する業務(レポーティング)に従事しました。学生時代に国際経済学を学んだことがきっかけで金融業界を志望したこともあり、専門的な知識を吸収する毎日はとても新鮮で心躍るものでした。ITスキルも習得して業務効率化に取り組み、それまで手作業で行っていた2つの業務(お客さまから頂く信託報酬の計算とレポート作成業務)を同時に処理する自動化にも成功しました。
業務推進部の存在を知ったのは、新規業務の対応について社内検討を行っていたときです。お客さまのニーズに応えるため関係者を巻き込んでいく担当者の姿を見て、自分もお客さまに近い部署で仕事をしてみたいと希望するようになりました。希望した業務に従事している今、資産管理の実務を知っているからこそ、「私たちがどのようにお客さまの役に立てるか」「お客さまのニーズに応えるための課題は何なのか」自信をもってお答えすることができていると思います。これからも多くのお客さまの期待に応えていきたいです。

世界のマーケットで
通用する人材を目指す

当社が行う資産管理業務の幅は広く、さまざまな業務があります。今後は海外資産関連の業務にチャレンジしたいと考えています。海外の金融機関とのやりとりに対応するため、英語力の向上が必要不可欠なので、2か月に1回、TOEICを受けてスコアアップを図っています。また、社内研修では英会話講座もあるので積極的に参加しています。当社は語学だけに限らず、業務知識やITスキル等に関する研修もあり、バックアップ体制はしっかりしているので、安心してステップアップできます。

バンド活動とロードバイクに夢中

中学生の頃から始めたバンド活動を今でも続けており、学生時代の同期等と組んだバンドをいくつか掛け持ちしています。休日に集まって練習したり、ライブやセッションイベントに参加したりして楽しんでいます。また、2年程前にはロードバイクも始めました。箱根などの近郊の山へツーリングに行って汗を流し、帰る途中には温泉に寄ってリフレッシュしています。

People INDEX